青汁イメージ

普段飲んでいる青汁ドリンクのレシピ

美容と健康には気を使っている方は多いでしょう。
野菜中心の食生活にするよう心がけていても、一日350グラムの野菜を実際摂取できているかどうかは分かりません。
3食のなかで野菜を多めにとっても限界があるため、青汁を飲んで野菜不足を解消しましょう。
基本的にはお水で割って飲む方法に加え、お水と豆乳を同じ比率でわって飲んだり、豆乳の代わりに牛乳で割って飲むのもおすすめです。

また、一手間加えるなら食品を混ぜて青汁ドリンクを作るとおいしいですよ。
インターネットではバナナと豆乳と一緒に混ぜるというレシピが最も多いです。
そこにリンゴやニンジン、プルーンを入れてドリンクを作るアレンジもおいしいです。
もちろん、豆乳の代わりに牛乳でつくってもOKです。
食品本来の甘みがでてとてもいおいしいですし、青汁独特の苦さも全く感じさせません。
それでも苦い人ははちみつや、きなこの粉末をいれてもおいしくいただけます。

最近の青汁は以前のように苦いといったものは少なく、ほとんどの商品が飲みやすくなりました。
それはアレンジを加えてもクセがないから馴染みやすいことにつながります。
粉末状の青汁はドリンクに限らず、ヨーグルトに混ぜたり、クッキーを焼くときに粉末を混ぜて作るのもいいですね。
抹茶のクッキーのような味になり、とてもおいしいですよ。

また青汁パスタなんかも登場していますね。

このようにクセのない粉末の青汁は色々なアレンジが可能です。
水だけで飲む青汁に飽きてしまったら、上記のレシピを参考にしてみてください。

また、こちらの青汁を美味しく飲む5つの方法もご覧ください。

Copyright(c) 2013 野菜.com All Rights Reserved.