青汁イメージ

利尿作用などさまざまな効果

青汁は野菜不足を補うためや健康のためなどさまざまな理由で多くの人に愛飲されています。
普段から野菜を多く食べている方は問題ないですが、現代人はどうしても野菜不足になりがちです。
以下にさまざまな効果を紹介していきますので参考にしてください。

・利尿作用→むくみの解消
・免疫力の向上→風邪予防
・血液サラサラ→動脈硬化予防

まずは1つ目の利点である利尿作用についての説明をしていきます。
多くの青汁商品には明日葉と呼ばれる植物が使われています。
明日葉にはカルコンと言われれる成分が多く含まれていて、足首やふとももなどのむくみを取る効果があります。
カルコンはむくみの原因の脂肪の塊であるセルライトを解消してくれます。
利尿作用は明日葉に含まれるカリウムの摂取によってもたらされます。
水分は多く摂っていてもしっかりと排出されないと体がむくんだり、だるくなってしまったりします。
こういう人にとって利尿作用のあるカリウムを摂取することはとても重要です。
青汁のダイエット効果はこちらも参考になります。

2つ目の利点の免疫力の向上については、ケールが原料の青汁がおすすめです。
ケールには多くの栄養素が含まれているので健康にはとても重要です。
健康になれば当然体の免疫力も向上し、風邪をひきにくくなります。
最近では、青汁に含まれるNK細胞も注目を浴びていますね。

最後に3つ目の利点である血液の浄化、動脈硬化の予防という点です。
血液中のコレステロールが高くなってくると、血管の壁が傷つき血管が細くなっていき、逆に血管壁が固く厚くなっていってしまい、これを動脈硬化と言います。
また血管が細くなっても今までと同じ量の血液を全身に送らないといけないので高血圧になってしまいます。
青汁にはマグネシウムをいう成分が含まれていて、これがコレステロールの解消に作用します。
このようにマグネシウムの摂取により血液がサラサラになり、コレステロールの増大で引き起こされる動脈硬化や高血圧といった症状を予防することができます。
コレステロールが気になる方には、http://www.synchroboards.com/cholesterol.htmlのイソフラボンもおすすめです。
このように青汁は多くの野菜に含まれるたくさんの栄養素がまとめて入っているため健康にとても良く、病気の予防にもなります。
普段野菜を多く摂れない人にとっても簡単に栄養を摂取するにはとても便利です。
また、現在ではマンゴー味のものだったり、フルーツ系の味のもの、独特の匂いや苦みを抑えたものなど飲みやすく改良された商品がたくさんあります。
飲みやすく、簡単に野菜の栄養素を摂取でき、なおかつ免疫力が向上することにより色んな病気の予防になる点が多くの人に飲まれている理由です。

こちらには、青汁でメタボ予防の記事がありましたので、ご覧ください。

Copyright(c) 2013 野菜.com All Rights Reserved.