青汁イメージ

レモンや牛乳で青汁を飲みやすく

忙しい現代人にとって、野菜不足は誰もが感じている健康上の悩みの一つです。
そんな人達の強い味方になってくれる物が青汁です。
コンビニのお弁当やファストフードを食べる際に、一杯飲むことで野菜不足の食生活を改善することが出来ます。
一日に必要な野菜の量を普通に食べようとすると、ものすごい量になってしまいとても食べ切れないですが、これならばとても簡単に摂取することが出来るため、青汁はとても経済的です。

しかし一日に必要な野菜をお手軽に摂取することが出来る青汁http://xn--vckvb3bzb4b1c3457d885c.com/ninnkinoaojiru.htmlですが、その一番の問題点はその味にあります。
多くの種類の緑黄色野菜をすりつぶしているので、野菜の青臭さが出てしまい、非常に飲みにくいのが特徴です。
牛乳やフルーツジュースで割って飲んだり、柑橘系の果汁を入れて飲んだりと色々な方法で少しでも飲みやすくしながら飲んでいた時代もありました。
しかし今はケール等の栄養価が高く、野菜独特の青臭さがほとんどないもので作られていて、そのまま飲んでもまったく飲みにくくない商品も出てきています。
飲みやすいように最初からレモンの果汁が入っているような商品なども出ています。
コンビニでも販売されているので、お昼ごはんの時にも手軽に野菜を取る事が出来ます。
はちみつを配合した青汁も飲みやすく人気みたいです。
はちみつ入りの青汁は牛乳で割るとさらにおいしくいただけます。
これなら野菜嫌いの子供でも飲めます。
最近の青汁は、粉末状のスティックタイプの物が主流で、水にも非常に溶けやすいので、外出先にも持っていきやすくて簡単に飲むことが出来ます。

健康な毎日を送るためには、青汁を一日に一杯飲むことを今後も心がけたいですね。

こちらのサイト↓もご覧ください。
 

Copyright(c) 2013 野菜.com All Rights Reserved.