青汁イメージ

粉末タイプと冷凍保存タイプ

数ある健康食品の中でも、長年にわたって利用され続けて今なお人気の商品といえば青汁です。
これほど、長きにわたって愛され続けているには当然理由があります。

まず、1日に必要とされる栄養分のほとんどを摂取できることがです。
偏りがちな食生活のバランスを改善してくれて、野菜不足を補ってくれます。
さらに、毎日飲み続けるものなので、購入しやすい価格設定で家計に優しいことも長く愛されている秘訣です。
また、健康のみならず美容にも良い効果が期待できます。
配合されている成分が、便秘解消やダイエット、肌荒れ、さらに生活習慣病にも効き目を発揮してくれるからです。

以前は飲みにくいイメージのあった青汁ですが、今では改良されて非常に飲みやすくなっています。
このように、進化を遂げているからこそずっと健康食品として支持され続けているのです。
健康にとてもいいものですが、いくら体にいいものでもしっかりと飲む量を守ることも大切です。
自然食品なので、基本的には副作用はありませんが、飲み過ぎるのはよくありません。
飲み過ぎると、食物繊維の働きによって下痢や便秘を起こしてしまう危険性があります。
どんなに良いものでも、適量を守って飲むようにしましょう。

青汁は、基本的に粉末タイプのものと冷凍保存タイプが一般的です。
他にもフリーズドライタイプの青汁サプリメントタイプの青汁もあります。
冷凍保存タイプは、そのまま生の状態で保存されたものなので栄養価が非常に高いまま摂取することが可能です。
粉末タイプのものは、粉末にするために少しだけ栄養価が落ちますがそれでも十分な効果を発揮する上に携帯するには非常に便利です。
冷凍保存タイプの青汁は作りたての生の状態で冷凍するので、鮮度を重視しています。
その代わり、家庭用冷蔵庫に入れた状態で3ヶ月から6ヶ月くらいの賞味期限となります。
また解凍した場合は、なるべく早く飲む必要があります。
一方、粉末タイプは賞味期限が長いというメリットがあります。
半年から1年くらいはもつものが多いので、購入するときまとめ買いで安く購入できるなどの利点もあります。
最長で2年ほどもつものもあるので、安心して保存しておくことができます。
ただし、粉末タイプでも開封して水に溶かしたものは早めに飲むようにしましょう。
どちらも野菜などの自然食品を原料としているので、新鮮なうちに早めに摂取するのが一番です。
どちらのタイプもメリットがあるので、鮮度が高いうちに飲みきることを考えて自分にとって利用しやすい方を選んで購入しましょう。

こちらhttp://xn--0-kb9b083j.com/にも青汁のタイプ別比較が載っていますので、ご覧ください。

Copyright(c) 2013 野菜.com All Rights Reserved.