青汁イメージ

青汁の相互作用と相乗効果

自然派のイメージが強い青汁は、まさに自然の力・栄養分がたっぷりとつまったドリンクです。
いろいろな特徴をもった商品が出回っていますが、ほとんどが自然派をコンセプトに、素材からこだわったものを提供しています。
体によい効果をもたらしてくれるため、薬のように絶賛されることがありますが薬ではありません。

たとえば、薬を複数併用してしまうと、相互作用によりリスクが非常に高まるため、避けなければなりませんが、青汁は薬ではないので、ほかの薬を飲んだ当日にも、相性を考慮して飲むことができます。
基本的に、相互作用のリスクはあまり持ち合わせていませんが、特定の薬、一部の病気を患っている場合は、相互作用のリスクがあるため、確認を怠らないようにすることが大切です。
商品の箱・説明書などに、注意書きとして説明されているので、きちんと一読していれば危険性は回避できます。
なぜ、相互作用のリスクがあらわれるのかというと、一部の栄養素が影響しています。
本来なら、体によい栄養分なのですが、治療中の病気によっては、逆効果をもたらしてしまうことになるわけです。
つまり、一般人にとっては摂取して問題ありません。しかし、青汁を摂取してはいけない人がいるのも事実です。

詳しくは、下記サイトをご覧ください。
 


ちなみに、薬と青汁の相乗効果は、注目されるべき重要なポイントです。
薬を飲むときは、かぜをひいてしまっていたり、体調を崩してしまっていたりと、健康が損なわれている状態のことが多いです。
そんなときに、青汁で体調をサポートしてあげると、薬が効きやすくなるように、体調の改善に役立ってくれます。
体が弱ってしまっていると、薬がうまく効かなかったり、効果が出にくかったりします。
自然の力で体調を整えながら、薬の医療的な力を後押しすることになるので、相乗効果が期待できるわけです。
かぜをひいたときは、体調がすぐれないだけでなく、食欲が出ずになかなか体力が戻らないこともしばしばです。
栄養のあるものを食べなければ、体力はなかなか戻せません。
食欲がないのに、野菜を食べるのは大変なので、ケールなどの栄養価の高い飲み物でしっかりと栄養補給することは、弱った体にとても効果的なのです。
一緒に摂取する食べ物や飲み物、薬は、相性の良し悪しも関係してきますし、人それぞれの体調によって異なることがあります。
体調が悪いかもと感じたら、飲む方法や注意事項は守っているから大丈夫と勝手に判断せずに、早めに医師に相談するようにします。
また、青汁とウォーキングの組み合わせもよいシナジー効果を生み出します。是非お試しください。

大豆に含まれるイソフラボンhttp://www.southersalazar.net/tyo.htmlも栄養価が高く、日本人の長寿の秘訣と言われるくらい体に良いのでおすすめです。

Copyright(c) 2013 野菜.com All Rights Reserved.