青汁イメージ

濃い泡立ちの良いシャインの青汁

健康食品としてすっかり定着した青汁ですが、多くのメーカーが様々な原材料や製造方法を駆使して、その効果をアピールしています。
生の緑黄色野菜の持つ豊富なミネラル、ビタミンをいかに製品に残すかが重要です。
ビタミンや酵素は熱を加えると壊れてしまったり、カルシウムは熱を加えると変形してしまうからです。

一般的な粉末タイプの製法は野菜のしぼり汁を乾燥させて粉にします。
このときに熱を加えて乾燥させれば早く乾燥できるので、大量生産が可能になります。
しかし生の野菜の成分が壊れてしまい、有効に摂取することができません。
熱を加えずに乾燥した製品を選ぶべきです。
また原材料によって成分や味が変わってきます。
今主流の原材料はケールと大麦若葉です。
ケールはビタミンやカルシウムを筆頭としたミネラルが豊富に含まれています。
ただし、独特の青臭さがあり、どうしても苦手な人がいます。
一方大麦若葉はカルシウムの量はケールに及ばないものの、一般的な緑黄色野菜と比較してバランスよくビタミンやミネラルが含有しています。
また活性酸素を除去する酵素や消化吸収を助ける酵素も豊富に含まれています。

シャインの青汁は原材料に大麦若葉を使用しています。
その大麦若葉も品種と生産地、生産方法にこだわっています。
品種は葉が広く肉厚でしっとりと柔らかい幻の大麦と呼ばれる品種を使っています。
その大麦を契約農家で農薬を使わずに栽培しています。
生産方法ももちろん乾燥時に熱を使っていません。
ゆっくり低温噴霧乾燥させることでビタミン、ミネラルの成分はそのまま残り、酵素も生きたまま残ります。
本物のシャインの青汁は緑色が鮮やかで、酵素が生き生きしている証拠の泡も豊富です。
品質管理もしっかりしていて、50項目以上の検査がされていて、公益法人から品質の合格マークを取得しています。
このマークは本物の青汁でないと取得できないものです。
このように作られた製品は絞って作ったため、食物繊維の多くは除去されています。
食物繊維は便秘の解消やダイエット効果は高いものの、ビタミンやミネラルの吸収の邪魔になってしまうことがあります。
シャインでは大麦若葉の持つ豊富なビタミン、ミネラルを摂取することを目的としているため、食物繊維を除去しています。
便秘の解消を目的とするのであれば、他メーカーを選んだ方が良いでしょう。
しかし、その分ビタミンやミネラルの吸収率は段違いです。

まずは、青汁の無料サンプルから始めてみてはいかがでしょうか。
青汁選びにはhttp://www.onusida-aoc.org/rank.htmlの人気ランキングも参考にしてください。

Copyright(c) 2013 野菜.com All Rights Reserved.